最新情報

君の町へ行く。

( 戦争に、反対します。  これから書くストーリーは、あるロシア兵のフィクションのストーリーです。だけど、あり得ると思えた物語りです。)

                                     

ウクライナの彼女にLINEを送った。

ウクライナの彼女に、いつものようにLINEを送った。

「 今度そっちに行けることになったから、久しぶりに逢えると思う。

きっと君の両親も少しは僕を見直して、

僕らのことをを許してくれるんじゃないかと期待してる。

君たちを助けに行けることになって、とても光栄に思ってる。

少しは僕の姿も立派に見えるんじゃないかと思うんだ。

多分、前から5番目の一回り大きな戦車に乗っている。

パレードでは上から顔を出して手を振ると思うから、気づいてほしい。

駅前の通りに出て、僕を探してみてほしい。

あの真赤なコートがあっただろ、僕もすぐに見つけて手を振るから、楽しみに待っていてほしい。

とにかくこっちはとても寒くて、早く君に逢いたいと思ってる。」                           

                                                

4日後、彼女に、もう一度LINEを送った。

                                     

「 これから言うことをよく聞いてほしい。

今すぐ君は家族を連れてそこから逃げたほうがいい。

とにかく今すぐにそこを出て、できるだけ遠くに逃げてほしい。

僕らが君の町へ向かう長い列を見ただろうか。

これはパレードじゃなくて、何かの訓練でもない。

僕らはとても寒くて、とても飢えていて、とても疲れてしまっている。

なんだかよくわからない。

これからどこまで行って何をするのか、あまりよくわからなくない。

ただ皆な少しずつ悪い目になっていて、震えている。

逃げたほうがいい。

とにかく僕らから離れて、遠くへ逃げてほしい。」

                                     

そして、

2日後、

僕は一瞬、彼女を見た。

真赤なコートが僕の操縦する戦車の前に飛び出して、

そして誰かが、

「GO!」と言って

僕のヘルメットを殴った。

                                      

                                     

( 戦争に、反対します。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です